たまねぎ茶の特徴

2021年10月12日 0 投稿者: otokupage
たまねぎ茶の特徴

たまねぎには血液をサラサラにする成分が含まれていることから、積極的に食べるようにしていると言う人は少なくありません。しかし、生で食べるには非常に辛いものがあり、また料理などに入れる場合でもあまり食べ過ぎると刺激が強すぎてお腹を壊したり、あるいは飽きてしまうと言うことも多いものです。そのため、思うようにその効果を上げることができないと言う人が多いのですが、そのような人に最適なものが、たまねぎ茶です。

たまねぎ茶は一般的にはたまねぎの皮を煮出して成分を抽出し楽しむものですが、普段は料理の際に捨ててしまう外側の皮を使用することから、違和感を感じる人は少なくありません。しかし血液をサラサラにする成分であるケルセチンは実はたまねぎの皮により多く含まれており、これを抽出したたまねぎ茶は抽出液が濃く成分がたっぷり含まれているものとなっています。

たまねぎ

ケルセチンはたまねぎの皮の茶色の色素成分であるため、そのほとんどが皮の部分に含まれているものです。料理などに使用する白い実の部分にも含まれていますが、その割合は皮の部分の30分の1となっており、これでは実の部分をたくさん食べてもあまり摂取量は期待できません。そのため、ケルセチンをより多く摂取しようとした場合には、実の部分を食べるよりも皮の部分を食べた方がより効率が良いと考えられます。

しかし皮の部分だけを食べるのは非常に違和感があり、また現実的に食感を楽しむ事はできません。そこで効率的な方法が皮を煮出して飲むたまねぎ茶となっています。たまねぎ茶は非常に柔らかい味わいで、違和感を感じずに飲むことができるのも特徴です。またケルセチンが水に溶けやすい性質であるため、その栄養素を積極的に摂取できるのも魅力となっています。