たまねぎ茶の特徴

2021年9月24日 0 投稿者: otokupage
たまねぎ茶の特徴

近年では様々なお茶が人気を集めていますが、その中でも注目を集めているものとして玉ねぎ茶が挙げられます。玉ねぎの皮をお茶にしたものであり、玉ねぎの皮を特殊な硬質乾燥機で焙煎した上で、皮だけでも甘くて豊かな風味の実現となります。玉ねぎには独特の臭みや風味がありますが、それらもなく飲みやすい味わいと言えるでしょう。和風だしを加えることで、即席スープにすることも可能です。

玉ねぎ茶にはどのような効果があるのかと言うと、玉ねぎの茶色い皮に、ケルセチンと呼ばれるポリフェノールの一種が含まれています。このケルセチンの効能は、毛細血管が丈夫になるので血液をサラサラにしたり、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減少させるなどの嬉しい効果が期待できます。また炎症作用も期待できるため、関節痛などの痛みを緩和させることができるとも言われています。グルコサミンなどといった軟骨を作る働きがあるものを摂取することにより、より高い効果が期待できるでしょう。

玉ねぎの皮

また動脈硬化の予防も期待でき、動脈の中にコレステロールや中性脂肪なのがたまることで発生するものが動脈硬化です。ポリフェノールを積極的に摂取することで動脈硬化の予防が期待できます。さらには女性に嬉しい特徴として、の苦味や冷えの改善が期待できます。むくみや冷えが起こる原因としては、血流が悪くなることが主な原因だとされています。キラケルセチンを摂取することにより、血流をサラサラにする効果が期待できるため、むくみや冷えの改善も期待できます。

その他にも体脂肪の低減や骨粗鬆症の予防なども期待できるでしょう。具体的な作り方としては、お湯を沸かして玉ねぎの皮を入れて5分くらいに出します。冷ましたら抽出液が濃く成分がたっぷりの、綺麗な黄金色のお茶が出来ることでしょう。

玉ねぎの皮茶