玉ねぎの皮茶

2021年6月8日 0 投稿者: otokupage
玉ねぎの皮茶

玉ねぎの皮茶からはたくさんのケルセチンを摂取することができます。ポリフェノールの一種で玉ねぎの白い部分にも含まれますが、普段捨てている茶色い皮の部分は20倍~30倍も含んでいます。ケルセチンは活性酸素が赤血球にダメージを与えるのを防いでくれるため、血流が改善します。

女性に多い悩みのむくみは、血流が悪くなることで引き起こされるため玉ねぎの皮茶は美容にも良い影響を与えます。女性は更年期以降になると骨密度が低下し、骨粗しょう症になる傾向があります。ケルセチンは砕骨細胞の働きを抑制するので、中高年以降の女性が積極的に摂りたい栄養素です。

玉ねぎの皮

またコレステロール値の低下も期待でき、血中の悪玉コレステロール値をコントロールできれば血糖値の上がりすぎを防げます。コレステロールや中性脂肪が蓄積されることがリスクとなる動脈硬化対策にも有効です。

玉ねぎの皮茶は出来立ての状態で飲めば、玉ねぎのスープを飲んでいるような旨みと香ばしさがあります。調理の家庭で出た残りの皮を有効活用したり、玉ねぎの皮茶として市販されている商品を購入したりすると良いです。味が美味しくお茶にするのも面倒ではないため、無理なく手軽に体質改善することができます。