玉ねぎの皮茶

2021年6月4日 0 投稿者: otokupage
玉ねぎの皮茶

玉ねぎの皮は通常であれば料理の際に剥いて捨てる部分です。しかしながらこの皮は非常に栄養価が高いことが分かりました。注目すべきは、ポリフェノールの一種であるケルセチンという成分です。

ポリフェノールは抗酸化作用が高く、体内の活性酸素の増殖を抑制する働きがあります。活性酸素が増えることで老化が進み、さまざまな不調が生じやすくなります。血管も錆びて、高血圧や脳梗塞といった病気にかかるリスクが高まるのです。そんな厄介な活性酸素を抑制するには、抗酸化作用が高い食材を積極的に補給することが大切です。抗酸化ポリフェノールであるケルセチンをたっぷり含む玉ねぎの皮は、まさに適しているというわけです。

玉ねぎの皮


玉ねぎの皮を手軽に摂取するには、皮茶が向いています。お茶であればいつでも無理なく飲むことができて便利です。玉ねぎが苦手でもお茶であれば飲める人もいるでしょうし、忙しい人も摂取しやすい点も魅力的です。

玉ねぎの皮にはケルセチン以外にも、ビタミン類や亜鉛、カルシウムやカリウムなど多くの栄養成分が含まれています。まさにビタミンとミネラルの宝庫であり、体質改善にも最適です。家族みんなで玉ねぎの皮茶を毎日の食卓に取り入れてみてはどうでしょうか。

玉ねぎの皮茶